()  
$0

(0)

シンデル法律事務所・弁護士プロフィール:


弁護士・デビッド・シンデル

sindell@sindelllaw.com
アメリカ: 212-459-3800 (ext 106)
日本: 03-4579-8523


ニューヨーク、ニュージャージー州公認弁護士
ニューヨーク弁護士会会員
アメリカ移民法弁護士協会会員

2013年 外国法事務弁護士取得(日本)及び東京港区青山にシンデル外国法事務弁護士事務所を開設
2011年 シリコンバレーオフィスを開設
1999年 ロサンゼルス事務所を開設 
1997年 東京に関連会社アメリカンビジネスクリエーションインクを設立し、日本在住者のためのサービスを開始
1994年  ニューヨーク・マンハッタンにシンデル法律事務所を設立   企業法、及び移民法を専門に扱う

以後10,000件以上のビザ、永住件の取得実績を誇る

1989年 New York University卒 B.A. in French Literature取得
1993年 Fordham University Law School卒, J.D.取得

その他、フランス・ソルボンヌ大学、名古屋・南山大学留学

*ニューヨーク、日本を中心とした法律セミナーの多数開催をはじめ、主に米国東海岸で発行されている「U.S.Frontline」、「週間NY生活」、「Weekly Business News」など多数の日系情報誌にも法律記事を連載中で、在米日本人を中心に広く好評を得ている。 その他数々のビザ、移民、留学関連の書籍の企画、出版に協力をしている。 ニューヨークでは米国在住の日本人とも交流が深く、NY親栄会発起人なども務めている。日本語の他、フランス語にも堪能で、日本と米国を拠点に直接日本語での法律相談にも応じている。

 

弁護士・バーバラ・ウォング

wong@sindelllaw.com
408-329-9184 (ext 120)

ニューヨーク、ニュージャージー州公認弁護士
ニューヨーク弁護士会会員
アメリカ移民法弁護士協会会員

2011年 シンデル法律事務所のパートナー弁護士となる
1999年 St. John’s University School of Law, J.D. 取得
1992年 Hunter College, City University of New York,  BA in Political Science and Philosophy取得

*移民法専門弁護士として様々な種類の非移民ビザ(Lビザ、Eビザ、H-1Bビザ、O-1ビザなどその他多数)ケースに携わってきている。シンデル法律事務所へのパートナシップ以前は国際規模の大手移民法専門弁護士事務所にてシニア弁護士として活躍。主にフォーチュン500社、フォーチュン1000社の雇用ベースのビザ取得及び移民法に関わる問題に取り組み、企業の人事部また企業顧問弁護士に対し、直接のアドバイスを行う。更に家族ベースの永住権申請、アメリカ市民権申請代行の手続きも数多くこなしている。記事も多く提供しており、企業人事の参加する多くの移民法セミナーでスピーチを行っている。

 

弁護士・ヒジョン・ハイディ•ソン (Of Counsel)

son@sindelllaw.com
212-459-3800 (ext 105)

ワシントンDC、カリフォルニア州公認弁護士
ニューヨーク弁護士会会員

2012年 シンデル法律事務所のオフカウンセル弁護士となる
2001年 Georgetown University Law Center, J.D. 取得 Magna Cum Laude (CALI-Excellence for the Future Award and Andrew Hall Baker Scholar)
1997年   Duke University, BA in History and Fine Arts (Departmental Distinction)取得, Magna Cum Laude (Phi Beta Kappa, Sirenna WuDunn Scholarship, Ashanti Women of Color Scholarship)

*移民法専門弁護士として現在、シンデル法律事務所ニューヨークオフィスでケース管理及び個々のケースの申請に関わる実務も行なっている。シンデル法律事務所への入所前はフォーチュン500社など国際企業に対し、トップニュースとなるような様々な労働•雇用法問題に弁護士として携わり、特に5億ドルにも及ぶ企業倒産に関する労働•雇用上の利権問題についてリーガルチームの一員として活躍。また様々な労働•雇用問題に関し、大手企業の管理職への研修、また東京のテンプル大学では労働•雇用問題に関するセミナーも実施。韓国語及び日本語も堪能。

 

弁護士・バーバラ・ラム (Of Counsel)

カリフォルニア州公認弁護士
アメリカ移民法弁護士協会会員

2012年 シンデル法律事務所のオフカウンセル弁護士となる
2006年 バーバラ・ラム弁護士事務所設立
1991年 Golden Gate University School of Law, J.D. 取得
1978年 Indiana University, BA in East Asian Languages & Cultures and Comparative Literatures (honors) 取得

*移民法専門弁護士としてシンデル法律事務所オフカウンセルとなる以前は、新会社からフォーチュン500社企業に至るまで様々な移民法に関わる案件を取り扱う。自身の会社設立前は大手移民法弁護士事務所にてシニアマネジメントに携わり活躍。特にシリコンバレーエリアにおけるIT企業については、プラクティスグループのリーダーとして、扱う新規IT企業は750社にも及び、新規参入のIT企業の従業員ビザ取得に貢献。2006年会社設立後は非移民ビザから永住権に至るまで様々なビザの案件を取り扱い、企業人事対するコンプライアンストレーニングも行ってきた。